事故に遭う前に知っておきたい保険の情報をご紹介しています。車とバイクの保険へようこそ

事故が発生したら

事故が起きた場合には、混乱状態になってしまい震えたり、呆然となってしまう人がほとんどですが、起きてしまったことと切り替えて、次の行動を考えましょう。事故を起こしてしまった時、まずは負傷者がいないかどうかということ!負傷者がいるのであれば、警察や救急車へ即電話をして、事故を起こした場所、負傷者の状況を伝え、救護するようにします。あなたの救護次第で、負傷者の命に関わることもあります。
そして、事故を起こしてしまったことで、走行中の車に事故を招く恐れがありますので、事故を招かないように自動車の誘導を行ったりするようにしましょう。事故車などは廃車110番へ電話し、見積もりなどを依頼して置くようにしましょう。廃車の手続きなどは時間が掛かることもありますので早めに廃車処理業者さんへお願いしましょう。

他にも、相手の運転手の連絡先や住所、氏名などを聞くようにしましょう。その時に免許証を見せると良いでしょう。もし相手へケガを負わせてしまった時には、家を訪ねたり、病院へお見舞いへ行くことになりますので、氏名、住所、電話番号は忘れずに!
たまに、警察に連絡しないで示談でお願いします。という人がいるのですが、それは避けるようにしましょう。これはよくあるケースで損害賠償は支払いますと言ってっても、待っても支払ってくれないというケースが多くいますので、気をつけましょう。また、警察を呼ばないとなると事故証明書がなくて保険会社へ請求ができないということがあります。どんな小さな事故でも警察を呼ぶようにすることがいいでしょう。
そして、自分が契約している損害保険会社へ事故があったことの報告をしましょう。人身事故であった場合、事故を起こした日の60日以内に書面の通知がないと保険金の支払が行われないということがありますので、気をつけましょう。

私も以前、事故に遭いました。後ろから追突されてきて、私の車がへこんで、相手の車は無傷だったのです。警察を呼ぼうとすると、「示談にしてもらえないか」ということを言ってきましたが、そのおじさんからはちょっと酒の臭いがしたので怪しいと思って、「家も遠いし、初めて事故に遭って心配なんで警察呼びたい」と強く言い、呼ぶことにしました。警察の人が来て、おじさんの臭いに気づいたらしく、アルコール検査をされてました。結果、酒気及びということでした。しかも、何回か事故を起こしている常習犯という人でした。たぶんそれで示談でと言ってたのかもしれませんが、何度も酒を飲んで運転してこんな事故を起こしている人なら、なおさら警察の御用になってほしいと思いました。示談にしていると今後も大丈夫だと言って、こんな状態で運転をしていたはずです。そうするといつかは人の命も奪ってしまうことが出てくるでしょう。奪ってしまって後から反省しても遅すぎるので、はじめから飲酒運転を追放していきたいですね。

こんな人もいましたので、できるだけ示談はオススメしませんね。事故を起こしてしまったなら、警察を呼ぶのは当たり前としていきましょう。

おすすめWEBサイト 5選

バンドTシャツ

最終更新日:2017/7/31

copyright 2009 C 安全安全の自動車運転 AllrightsReserved.