事故に遭う前に知っておきたい保険の情報をご紹介しています。車とバイクの保険へようこそ

保険料を安くする方法

自動車、バイク保険の保険料が安くなる方法があるなら安くしたいですよね。保険料の割引などがあるので、これを上手に使いこなして自動車、バイク保険料を節約しましょう。
しかし保険に入っていなければ何の意味もありません。まずは自動車保険探しから。

年齢制限

事故を起こす可能性というのは10代から20代が多いという統計があることから、年齢が若いと保険料金が高くなってしまいます。なので、保険料も無制限、21歳未満、26歳未満、30歳未満、35歳未満というような感じで料金の設定がされています。この選択の違いによって、保険料金は○万円変わってきますので、自分の使用状況に合わせて、条件を設定していくとよいでしょう。

等級

等級が上がっていくほど保険料の割引率が上がります。新規で加入した場合は6等級から始まり、事故をしなければ、等級はどんどん上がっていきます。しかし、1度事故を起こしてしまうと3等級落ちますので、6等級から始まって2回事故を起こしてしまうと最低ラインの1等級になり、その分保険料金も上がっていきます。なので、事故を起こさないように安全運転をして等級をあげていくようにしましょう。ちなみに、等級は事故を起こさなければ1年に1等級上がります。

ゴールド免許

ゴールド免許を持っていると、保険料の割引対象になります。また、自動車、バイク保険に新規で加入する際も優良者ということで、すんなり保険加入を行うことができます。※保険会社によってはこの割引がないとこもあるので、確認しましょう。

イモビライザー

イモビライザーとは盗難防止装置で、この装置がついて車両保険に入っていると割引の適用になります。

保険料の支払方法

自動車、バイク保険の支払方法でも安くする方法があります。それは一括で保険料を支払うということ!一括で支払うとわ5%の割引を得ることができます。数千円の割引になりますが、他の割引と一緒に適応することで、お得感が増しますね。
もし、中途解約したとしても分割され、払い戻されるので損はしません。※各保険会社によってことなるので、分割になるかどうか確認しておきましょう。

複数所有

自動車を複数持っていると、その分保険料も出てしまうので、ちょっと大変ですよね。なので、複数所有しているのであれば割引ができます。しかし、条件があるので割り引き対象かどうか確認しましょう。

安全装置割引

安全装置割引とは、ABS、エアバック、デュアルエアバック、安全ボディー、エコカー、横滑り防止装置の条件が満たされていると割引されます。今の自動車にはほとんどついている機能なので安くなる人が多いでしょう。

注目サイト

保健科学東日本

2017/8/4 更新

copyright 2009 C 安全安全の自動車運転 AllrightsReserved.